人

飲食店を通じてお客様に悦びと感動を。

菜好牛足立店 富永 晃喜

菜好牛金田店 富永 晃喜
太陽の船に入ろうと思ったきっかけ
学生時代、アルバイトで入った有名焼肉店(全く焼肉に興味なし、ただ近かったから)
で修行中の大津社長と出会いました。その後、就職したりしましたが、
なかなか自分の将来に光が見いだせず、悶々としている時に
社長に誘っていただきました。
ちょうど、菜好牛金田店オープンより1年後、気晴れや立ち上げ直後に、金田店の店長候補として入社しました。
入社してから今までで心に残っているエピソード
いろいろありますが、足立店オープンに携わったとき、新店オープンの大変さと、オープン後のお客様からのたくさんのお叱りの声、そしてそれを受けての連日深夜までの改善改善の毎日はつらかったですが、そのおかげで今の自分があると思います。
共に働いてくれたスタッフにはいつも支えてもらい、心から感謝しています。
太陽の船のいいところ
自分のがんばり次第で、どうにでもなる所。新しいチャレンジを後押ししてくれることなど。
仕事する上で気をつけていること
まずはお客様目線からズレないように、お客様それぞれのニーズに合った料理やサービスを提案提供できるように集中すること。そして、それをスタッフ全員が同じ意識で働けるように環境を整えてあげること。一人だけできても仕方がないので。あとは全力で楽しむこと!!
自分は将来どうなりたいか、会社や店をどのようにしていきたいか
自分はお客様に悦びや感動を与えることができる人間になります。そうなると、業種関係なくなるでしょ。自分や家族や仲間を幸福にできる男になります。会社は頑張って成果を出している奴が輝ける場所。すごい店長が次々に生まれる養成所にしたいです。

菜好牛金田店 志垣 辰徳

菜好牛金田店 志垣 辰徳
太陽の船に入ろうと思ったきっかけ
菜好牛オープン当初の常連でした。その時から大ファンでした。
いつもカウンターで、「さいこうぎゅー!!」と言いながら食べていました。
その頃、カウンターの中で肉を切っていた社長と会話するようになり、飲みにいったこともあります。
鉄板居酒屋『縁日』オープンの時に、誘って頂きました。一度はお断りしましたが、熱意に負けました。
入社してから今までで心に残っているエピソード
売上低迷が続き落ち込んでいても、社長はいつも前向きな言葉をかけてくださいました。
太陽の船のいいところ
・ スピード
・ 目標に対しての意欲
・ 結果主義
・ 任せてもらえる事が大きい
仕事する上で気をつけていること
・ 元気、笑顔、感謝、誠実、正直。
・ 常にお客様を感動させること。
自分は将来どうなりたいか、会社や店をどのようにしていきたいか
・ 独立。
・ もっともっと、お客様に悦びと感動を追求していきたいです。